松本剛志の考えること
by matsumo5402
心構え
c0160617_228527.jpg
ネット上でのあるやり取りを見ていて、言説による攻撃(のようなもの)を受けたときの対処の仕方というのはセンスだな。と思いました。(アドバイスではないよ。攻撃よ。)そしてたぶんこのセンスは心構えと経験値の問題だと思いました。批評に晒された時に飄々としておけるかどうかは、普段から批評に晒される心構えを持たざるを得ない環境に身をおくか否かですね。これを怠っていると、いざの時にどうしようもないのでしょうね。

自分に言い聞かせ。

でも、僕は僕の何に対して批評を浴びようとしているのだろうか…

そこだ!僕に足りないのは!その覚悟か!決意か!
材料はあるわけよね。もっと出していかないと!


…て、なんか僕が嫌いな自己啓発的文章やな、これ。精神論にしか頭が回らなくなっている自分が悲しい。
# by matsumo5402 | 2009-09-26 02:49 | 雲り
夏休み
最近文章を記していませんでしたが、今日思ったのが、文章を記しておくべきだったということです。僕にとって文章を書くことは、常に自分が閃き的に、脊髄反射的に考えた物事と、論の展開、つまり物事と物事との繋ぎ方に整合性を確保しようとする事との間に発生する、如何ともし難い数々の矛盾と格闘することなのです。どんなに稚拙な考察や指摘をしてしまったものであっても、この矛盾への挑戦をしたものである限り、少なくとも自分にとっての価値のある記録であることに変わりない。思考を固着させる事で、つまり思考の型を用意する事で、つまり文章のための文章を書こうとする事で、矛盾を生じさせないクールな文章の書き方もあるかもしれません。しかし僕の文章を僕自身は僕があらゆることに対しての思考を固着させてしまうことから必至で逃れようとする逃避行の軌跡として書いて読んでいます。僕は自分の書いた文章をめちゃくちゃ読んでいます。僕は僕の文章達を、僕自身の思考のそのときどきにおける帰結のストックとしては考えていません。つまり僕の文章は僕が僕自身の中であらゆる合意形成を行なうための規範となるものではないということです。僕の文章はある状況における僕の思考の一側面の照射なのです。そういう意味で僕の文章は全て、常に僕自身に対してその都度ネタを提供するものなのです。その都度僕にとってのスタートをその場に用意するわけです。僕は一人でネタ的コミュニケーションをひたすら行なっているようなものかもしれません。しかしそうすることで、常に何らかの跳躍をできると確信しています。ただしこれは、どこかへ向かおうというわけではなく、僕が存在できる領域を拡大しようとしているわけです。
もちろん、一つ一つの文章それ自体は常に固着化してしまった何かしらの意味であるという事実には変わりないです。僕が僕の一連の文章を、どんなに僕の果敢な挑戦の歴史として読んだとしても、僕以外の人は僕のそれぞれの文章を僕そのものとして受け取るのでしょうし、僕自身も一つ一つの文章に対峙するときはその文章を(当時の)僕そのものとして受け取ることになるでしょう。しかし、そこは僕が僕自身のアイデンティティを確立するためには避けては通れない道でもあります。つまり僕以外の誰かの意識の中で僕の存在の意味が固着していることによって、逆に僕がその誰かの中の僕をもう一度経由することで今の僕との距離を確認できることになるからです。そこに僕は僕自身の可能性を見出そうとするわけです。それが他人とコミュニケーションするということだと思います。そしてややこしいのですが文章を書くということはそのコミュニケーションが当面自分一人でも成立できる環境を構築することなのです。ここ最近文章を書いていなかったために、僕は以前ほど、つまり文章を書いて読んでいたときほど自分とのコミュニケーションが有意義でないのです。


author:松本剛志
c0160617_316162.jpg
c0160617_3164173.jpg

# by matsumo5402 | 2009-09-25 04:11 | 晴れ
鏡花水月
c0160617_1303347.jpg
青森県美術館に行った。
そういうこともあり、事前に青木淳さんの原っぱと遊園地を始めて読んだのだった。
始めて読んだといっても昔の雑誌などでいくつか目にしたセンテンスもあったし、「原っぱと遊園地」というフレーズで言わんとしていることもなんとなく理解していた(つもりであった)。
ただ、一冊の本の中にここまで執拗に「原っぱと遊園地」にまつわることが論じられると、このフレーズには相当に深い根が存在しているように思われた(、というかたぶんそうだろう)。それは青木さん本人の経験や思考にとどまらず、磯崎さん、さらにはミース、コルビュジェに至るまでの主に近代以降の建築が成してきた経験と思考までもを、このフレーズの中に絡めとろうとしている。それらを養分にして青木さんは建築を培養するのである。

思ったことは、僕が普段建築について考えていることが、青木さんのそれと、多くの部分で重なるということである。これは、メディアを通して情報として入ってくる青木さんの言説が自然に僕の中に無意識のうちに浸透していたのか、それともただ単純に各自考えていたことが偶然(あるいは必然に)一致したのだろうか。…ということの違いはまあ、本質的にはどうでもいいのだろうけど。たぶんどっちもである。ただ、前者のメディアにおける青木さんと僕との関係には、まだ逆が成り立たない、というのは悔しいところではあるが、まあそれは僕の頑張り次第の問題である。
この本を読むにあたってよかったことは、僕が青木さんに対して少々懐疑的であるということだった。つまり青木さんの言説が僕の中に浸透していたにしろ、それは無意識的であって、意識の上では青木さんに懐疑的であり得ているという点に、僕にとっての救いがある。
情報とは兎角そういうものである、と最近僕は考える。情報はもはや人間の中に無意識的に浸透していくものなのだ。それを受け入れた上で、まだ情報に対して体系的に批判し得るか。そこにかかっている。それによって建設的な自己批判が可能になる。

そんな中、僕が青木さんの言説の中で一番感心したのは、決定ルールの話である。例えばこの本の中に土木構築物賛美がなされているが、それでは建築は土木のように作るわけにはいかないのか、ということになる。構造や経済の合理性だけに身を委ねるような「決定ルール」には何が欠如しているのか。建築と土木との違いは何か。土木構築物は常にその形態に目的を備えているのである。つまりその物理的な存在自体に物語性を有しているということだ。建築は普遍的な物語性がない。いや、今の時代に限って言うと、ない。この時代の特徴は物語を普遍化しないということである。では「決定ルール」を敷衍するための物語はどこに見出せばいいのか。青木さんはそれを宙ぶらりんにしてしまえと言い放ったのです。目から鱗です。無根拠が根拠を与える。なんと奥ゆかしく魅力的な逆説。こういうのを鏡花水月法というのだろうか。いや、ちょっと違うのかな。
なににしろ、ある種の諦観。成熟期のロジック。こんなこと言うとたぶん青木さんはブチ切れでしょうが(もしかしたら喜ぶかも?)、ゴシックのクレイジー・ヴォールトの様な代物を生み出すメンタリティに少し近いのかもしれないと思った。倫理的な部分は明らかに違うでしょうが。

僕はその部分において青木さんを評価し、同時に批判するのだろうなと思います。あなたは媒体としては完全だけれど、故にそこからどこへも行けないのではないかと。あなたの論理では建築家が、「いい空間」を生成するための機械以上の何者でもなくなるのではないかと。それでもいいのかもしれないが、僕はもっと政治的なところにまで踏み込む必要がある気がしている。

「体系的に批判する必要」などと最初に書いたが、全く体系的にならなくて悲しい。これはただの愚痴と法螺にすぎないです。具体的な展望さえも探り中なのです。ごめんなさい。
消化不良なので、また書きたいと思います。

ちなみに、青木さんの考察を読んでいて、村上春樹の「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」をなんとなく思い浮かべたのでした。

author:松本剛志
# by matsumo5402 | 2009-09-03 12:51 | 晴れ
5424
一昨日ですが、24歳の誕生日を無事迎えさせて頂きました。もう四半世紀近く生きてることになるわけですね。だけど僕はまだまだ何者でもないようです。ひどく洗練されない生き方をしている自分を可哀想に思ったりもします。自分の周りにいる人を気の毒に思ったりもします。でも一方で、自分を心底信頼していたりもします。自分に裏切られることも多々ありましたが、それでもまだまだ自分は信頼に足ると信じて、疑うことができません。

口だけにとどまらぬように


今年の誕生日は、いろいろあって、中目黒にある安宿で迎えました。いや正確には終電前でごったがえしの新宿のカフェになるか。一日中せわしない感じの誕生日になって、とても面白かったです。なんか今年の激動を予感させるようです。激動になれるでしょうか。

そして、昨日は3人目のフランス帰りの友人を差し置いて、ケーキまでいただきました。そしてその後大量のお酒のせいで道で吐きました。もったいないことしてごめんなさい。


手紙やメールや祝いの言葉やプレゼントなどいただきまして、ほんとうに心が温まる。いろんなことに対するモチベーションとは、根本的にはこういうことなんだと思います。どんなにドライであろうとしてもどんなに小難しくなろうとしても、根本的にはそういうことなんだと思います。
何かに追い立てられても、そこだけはいつでも立ち戻れるうちは、まだ大丈夫だと思います。


あー、俺の誕生日ということは、8月が終わったのやなーーー

c0160617_22171953.jpg
c0160617_2217548.jpg
去年::5423
# by matsumo5402 | 2009-09-01 22:18 | 晴れ
それにしても
c0160617_0215148.jpg
何が空間を決定付けているかはわからないものですね
それでも空間を決定付けるような建築を作りたいと思ってしまうのです


author:松本剛志
# by matsumo5402 | 2009-08-22 00:36 | 晴れ
議論と論文
twitterを始めて、じゃっかんブログが億劫になる。

ブログの各記事は、独立した一つのコンテンツとしての質を求められる。と思っている。ブログという制度(アーキテクチャ)によって必然的に。それを乗り越えてもいいのだろうけど、そのための労力とかなんやら、そういうのを考えると、非常にナンセンスだと思う。僕はしょこたんのブログは基本的にナンセンスだと思っている。(でも彼女の頑張りは認める。どこからどう見ても不毛な作業だったとしても)
そういうわけで、僕はブログの一つ一つの記事にコンテンツとしての強度を持たせることを念頭に置くようにしている。それがシリーズするものであっても。ブログは(比較にならないほどラフではあるが、)形式としては論文などに近いものがあると思う。無駄を省いて要点を簡潔に、そして完結するように。これは結構骨の折れる作業です。たかが知れてはいるけど。

その点twitter(のアーキテクチャが誘発する使い方)は、どちらかというと、議論(あるいはもっとラフな会話)に近い形式だと思う。明確な対話者は想定されないとしても、インタラクティブなコミュニケーション形式だ。だから、思考のぐらつきなんかを臆面もなく発信できる。明快な論を発信する責任が求められない。

そういう理由で、最近はブログが億劫です。

まあ、でも、議論や会話で思考のエントロピーを増大した後には、論文などによって思考に秩序と枠組みを再度設定する必要があるようです。最近そう気付きました。

時間ができたらブログ書きます。


author:松本剛志
# by matsumo5402 | 2009-08-18 23:42 | 晴れ
ちかごろフェチったもの
c0160617_18475469.jpg
艶かしい根元がチラ見え
c0160617_18492283.jpg
たぶん車のテカり
c0160617_18501938.jpg
イエガタのアイストップかな
c0160617_18512357.jpg
茶色の建物の構成かな
c0160617_1853670.jpg
たぶん断面


黒川紀章さん設計の福岡銀行の地下ホールにも結構フェチった。これについてはまた詳しく書こう。リサーチなどをした後に。

明日から帰省。たぶん実家は暑いのだろう。
A:冷房があまり効かない
# by matsumo5402 | 2009-08-12 18:58 | 晴れ