松本剛志の考えること
by matsumo5402
<   2009年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
パリ
c0160617_2220516.jpg
c0160617_22202182.jpg
昔パリに一回行ったのをいいことに、パリの写真を執拗に載せてみるコーナー。
シリーズ化するかはわからんけれども。


ポンピドゥーセンターの前の広場。シエナのカンポ広場もそうだけど、広場に少し傾斜がついてて、だからみんな基本的には自然と同じ方向を向いて座ることになる。もちろん傾斜の下の方向に対して。建物の上から見ると面白いです。同じ方向に座るという(緩やかで自然発生的な)ルールによって、集まり方(くっつき方、離れ方)も微妙に規定されている。確かに身体の動きは少々制限されるが傾斜はそんなにキツくないし、制限といっても些細なものである。それよりも、そういう些細なルールを皆で共有するということは、とても安心するし、楽しいものである。

ランダムな行為が入り込んできた時に、場の力(システム)がほんのり顕在化する。

ベタかもしれないけど、僕が今一番面白いと考えている環境のあり方です。
c0160617_2104618.jpg
カンポ広場
c0160617_22481929.jpg
あと、そういえばこれ、もうすぐできるそうですね。フランス帰りのsお君が言ってました。


author:松本剛志
by matsumo5402 | 2009-07-29 22:52 | 雲り
dar enote
c0160617_235428.jpg
kor ehaasumic han note
by matsumo5402 | 2009-07-28 02:06 | 雲り
ケルダー
珍しい体験をしたので、記録しておく。


研究室が、


水没!



…まではいきませんが、床上浸水しました。笑
昨日の九州山口地方の大雨で。
昨日今日とひたすら掃除でした。そしたら、なんか異常にキレイになってしまいました。浸水は掃除をしろとの啓示だったのかも。

どういう状況だったかというと、一番ひどいときの写真を撮ってない(というか撮る余裕がなかった笑)のだけど、下の写真はだいぶ落ち着いた後の状況。
c0160617_19181595.jpg
隣の研究室の様子だけど、必死で水を掻き出す。うちの研究室も大体同じ様な感じ。
c0160617_19203584.jpg
どういう浸水だったかというと、超概略すると上の様な状況。
うちの研究室は半地下にあるのですが…
あり得ませんね。研究室前のドライエリアに最大時で1mくらいの深さの水が溜まっている光景は恐怖でしたよ。なぜ写真に撮らなかったのか、今になって悔やまれる笑

教員、学生一丸になってあたふた対処しようとしている図は、なかなか珍しいでしょう。

原因については、諸説流れていますが、まあ、あんまりはっきりしないので、ここに書くのは控えます。


単純な反応かもしれないけど、建築設備の大切さを改めて実感した。建築設備技術こそ、人類が自然と対峙する歴史における人間の英知の賜物である。



ちなみにドライエリアは普段はこんなん。ここに水が…コワ
c0160617_19291727.jpg

by matsumo5402 | 2009-07-25 19:30 |
日本とサブカルと神話と磯崎
c0160617_22104684.jpg
今日土居先生のプチ講演会があって、磯崎新論を話してくれた。

とても面白かったのだけど今日は時間がないので、また機会を設けて僕なりにあの話を咀嚼しながらこのブログにもレポートを書きたい。(と言いながら書いた試しは滅多にないけど)

今日はそのための補助線を、というかむしろ今日の話の一部のほんのメモをチラッと書いておこう。


土居先生は今日の講演の最後の最後で、磯崎の話からめちゃくちゃ飛躍して、サブカルの話題を持ち出してきた。具体的には大塚英志による『物語論で読む村上春樹と宮崎駿 ——構造しかない日本』を読んで面白かったという話だったのだが、土居先生によると、その本に展開されていたサブカル論をよくよく反芻したところ、サブカルが、主に村上春樹などにみられる物語が、というか村上春樹本人が、土居先生がかつて展開した磯崎論における磯崎新の自己と自我との関係を別の分野で体現しているではないかという話だった。磯崎がサブカルであったということではなくて、サブカルと磯崎はどこか同じような自己を体現しようとしているのかもしれない。

大塚は柄谷行人の「構造しかないサブカル」という言説をもじって「構造しかない日本」という副題をつけている。「構造しかない磯崎」とまではとても畏れ多くて言い切れないところではあるけれども…そもそも僕はまだそれほど磯崎さんを理解できていないからねー。
構造の概念は神話研究に端を発する。日本は神話の国である。その代表選手である磯崎さんとサブカル。
僕の理解はまだ本質にはほど遠いのだろうけど、とにかく面白い話だった。


というか、大塚さん原作のマンガも村上さんの小説も基本好きだから、こういう風に不意に話題に上がると、どうしてもテンション上がってしまう。という完全にオタク的性向。

P.S.土居先生本人によるレポート




はい今日のbgm


author:松本剛志
by matsumo5402 | 2009-07-23 22:15 | 晴れ
日食気分
c0160617_0301870.jpg
日食ということだったので、よしいっちょ拝んでみるかと思って、昼の12時頃に近くの公園に行って空を見たんだけど、いつもと変わらない太陽で、肉眼では見えんのだろうかとおもって、デジカメで写真撮って確認してみるけど、普通の太陽で、地殻変動とか何かで急遽日食はキャンセルになったのだろうか、などなど、いろいろ考えてたら、vngとhrnちゃんが公園のそばの道を通ったので、事情を聞いてみたところ、どうやら日食は一時間前にしっかりと行なわれたそうだった。何故に僕は12時という時間にこだわっていたのかは、今振り返ってみても全くわからないけど、とにかく、日食は見れなかった。でもvngに日食の写真を見せてもらえたので、日食気分は少し味わえた。僕は立ち会えなかったから、一つ気になることがあって、日食の時には、地表はうっすら暗くなったりするのだろうか。もし日食するに従って、辺りが暗くなったりしようものなら、実に感動的だろう。昔の人は畏れおののいたに違いない。



そしてそんな日には、the名曲
by matsumo5402 | 2009-07-23 00:42 | 晴れ
車の写真
c0160617_121895.jpg
集中力散漫
by matsumo5402 | 2009-07-22 01:43 | 晴れ
博多山笠09
去年に引き続き、博多山笠。
c0160617_19293862.jpg
c0160617_19295397.jpg
c0160617_1930620.jpg
c0160617_19302242.jpg
なんか去年の方がワクワクしたのだよねー。
歳をとったのか?

去年も似たようなこと書いたかもしれないけど、こういうふうな、そこに住んでいる人がワクワクしてたまらん何かがあって、そこにモチベーションを持ちながら街が作られるようになったらとても面白いのだろうな。
まあ、でも、博多の街を見ると、これは山笠のために設えられた空間なんじゃないか?窓なんじゃないか?みたいのがいっぱい見つかって面白い。あるいはそれは僕の勝手な思い込みだとしても、そういう空間とか窓とかが、いざ山笠の時期になると、特上の観覧席であったり、待ち合い空間みたいに機能しているからそれもまた面白いのです。
c0160617_1938082.jpg
c0160617_19373743.jpg
c0160617_19374975.jpg
群衆が生じるところには必ずアジールが存在する。


道に寝転んで写真撮った気がするのだけど、あれは誰が撮ってくれたんやったっけ…あれは快感やね


author:松本剛志
by matsumo5402 | 2009-07-20 19:39 | 晴れ
人間の目
c0160617_22392540.jpg
c0160617_22395453.jpg
カメラのピントってなかなか面白い。近くのモノに焦点を合わせると遠くのモノはボヤけ、遠くに合わせると近くがボヤける。つまり情報の取捨選択が常に発生しているわけですよね。

人間の目は、それとは違う見方ができるのかなと、最近考えています。情報を一気に受け止める事ができるのではないかと。
僕が最近思う逆説は、部分を凝視していくと全体が自然に現れてくる。全体を考えるというのは部分の詳細を考える事だ。部分を語れないと全体を語れない。ということ。

これはピントがどこにも合わない“俯瞰”的な見方ともずいぶん違う見方だと思う。

ひたすらピントを絞っていくと、周りのモノも鮮明になっていくような感覚。

フラクタル的な話でもないのです。部分が全体と、全体が部分と相似形だという話ではない。

ある部分の中に全体の関係性が凝縮されていることがあり得るのかな、と思っている。


うまく説明できてませんね。笑

でも、これは経験的な感覚なので、大切にしたいものです。


author:松本剛志
by matsumo5402 | 2009-07-18 23:10 | 晴れ
山笠病
c0160617_2431938.jpg
c0160617_2434629.jpg
c0160617_2435610.jpg
c0160617_244826.jpg
c0160617_2441798.jpg
山笠病=昼夜逆転=学生の特権

明日は早起き


あ、それからこれはじめました


author:松本剛志
by matsumo5402 | 2009-07-17 02:47 | 晴れ
オカエリナサイ!
KIKIが帰ってきたよ。ここに。タダイマ!だって。おかえりー
再開はまだかまだかと待ってたけど、ちょっと前からこっちのサイトでブログ書いてたみたいで…いつのまに…知らんかったー。
一日の楽しみが増えました。



昨日、ウルトラミラクルラブストーリーって映画を見た。
これはなんというか、人間の内面とか神秘的なもの、あるいは身体的なものに触れようとしている(ような)くせに、だから意味深なはずのに、とことんポップでした。ポップというのは嫌味がないっちゅう事ですね。なんか後ろ向きにならない前のめり感がいいなあと思いました。話の流れも単純で飽きないし。それでいて話の意味は別のところにありそうな。
好き嫌いはありそうだけどもね、でもネットとかの評価は案外アテにならないものですね。僕は面白い面白くないの評価であったら、面白いと思いました。映画の技法などはわからないからその辺の評価は難しいですが、風景の切り取り方なんかは結構好きでした。うーん、全然批評になってないな笑

ついでにそれから、横浜聡子さんって人の脚本監督らしいのだけど、なんとなく、女の人にしかこういう作品って生み出せないんじゃないかと思う。別にジェンダーフリー否定主義者とかではないけど、女の人にはやっぱり独特の感性があると思いますね。生得的に。なんというか、人智の及ばない物事とか神秘的なことに対するポジティブな感性みたいな感じというか。男はそういうものはどうしても解明したい。原因の部分が欲しい。ドライに認識したいと思う。女の人はそこにあるもの、起こっている事をありのままに引き受ける。断定はできませんが、そういう傾向はあるように思ったりします。

それと、神秘的なもの、アミニズム的なものに対する身体の感性が、地域によって違うという事もあるのではないかとも思いました。僕が思ったのは、極端に言って、日本の北東の人は「土」とかそういう足下以下の世界に対して思い入れがあるんじゃないかと。まさにこの映画の舞台は東北青森であり、重要なテーマの一つは「土」であった(はず)。一方で日本の南西の人は「太陽」とか月とか星とかに対して思い入れが強いのではないかと。だから西の人はレイヴとかと相性がいいと思う。「太陽」とか月の下で裸になってワイワイやってたら精神は気持ちいいくらい解放されるんだと思う。じゃあ、東の人は?溜まった鬱憤はどこにいくのか?それがこういうハッチャケ系観念芸術として出てきてもおかしくないのかなと。そういうことを2008年の仙台の卒計展の時に見た「踊る身体」のことを思い出しながら考えたりした。あれもキーワードは「土」であった。そして作者は東北に住んでいる女性だったのだ。

形式化して単純化しすぎるのはよくないと僕はよく思うのだけど、まあ、一つの切り口としてはなかなか面白い観察では、と思ったりしました。大切なのは、この形式にどのようなディティールとか背景が存在しているのかという事だと思います。



それから全然関係ないけど、今日集中講義で学校に行ったら、ベンチとかでマンガ読んでる人がやたらいっぱいいて、なんやかーって思ってたら、学校で「三国志検定」なるものが行われていたようである。たぶんみんな横山光輝のマンガとかを参考書代わりにしてたのでしょう。検定帰りの人ともすれ違ったのだけど、女性2人がキャッキャと「赤壁の、〜が、〜で、」みたいな会話をしているのを横目で見て、なんかいかに自分のいる世界が狭いのかを思い知らされた感じがしました。笑
c0160617_2211226.jpg
author:松本剛志
by matsumo5402 | 2009-07-12 22:03 | 晴れ