松本剛志の考えること
by matsumo5402
<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
なぜ広島の空をピカッとさせてはいけないのか
c0160617_16185169.jpg


この前こんな本を買った。
Chim↑Pom・阿部謙一編『なぜ広島の空をピカッとさせてはいけないのか』河出書房新社

これはChim↑Pomが2008年10月に広島で行った、あるアート作品の制作に関しての第三者の、あるいは第三者との議論の一部をまとめあげた本です。
何のことなのかというと、この人達はこともあろうに広島の原爆ドーム上空に、飛行機雲で「ピカッ」という文字を書いたのです。この出来事に関しては僕もほんの少しこのブログで触れていた。『んーー』08/10/22写真も載せています。
それで当然のことながら、たくさんの広島市民や被爆者の方々からの悲痛な抗議がメディアで報じられ、2ちゃんねるなどでも袋だたきにされてしまいました。一方では、彼らの行為を擁護する声も少なくはありませんでした。
そういう彼らが引き起こしたセンセーショナルな一連の出来事に関する議論をこの本ではまとめあげています。世論に叩かれまくった状況を逆手に取って。
そういうわけで、この本のコンセプトとしては、彼らのこのアート作品(原爆ドームの上に「ピカッ」の文字が書かれて消えていく映像作品)自体の価値を見定めるというよりは、むしろこのアート作品の制作に際して発生した騒動の顛末を客観的にレポートして報告することで、読者に考える材料を提供したいというものだと思う。だから最初の前書きで、この騒動に関する価値判断は読者側に丸投げされている。一方で彼ら自身は自分たちの行った行為には一定の意味があったこと確信しているようである。
そういうスタンスにものすごい共感したので前書き読んだだけで感動して衝動的に買ってしまったという本。だから内容はこれから読んでみます。とりあえず、本自体のコンセプトの素晴らしさを率直に伝えたいと思ったわけです。
例の前書きから引用します。
「…僕たち自身が、この騒動についてもっと知りたいと思っている。なぜならこの騒動から浮上したさまざまな問題こそが、僕たちの表現すべき“今”だと改めて思うからだ…(中略)…この騒動についていっしょに考えてくれる人がいるなら願ってもないことだ。そのキッカケとして、僕たちは騒動に埋もれてしまったものをもういちど拾い集め、いろんな人にこの騒動について自由に語ってもらった。だから、ここに書かれたことがすべてではないし、ここに書いている人だけがこの騒動について考えればいいとも思わない。

彼らは単に原爆と戦争と平和の問題だけを扱いたいのではないのだと思う。そもそもそういう言葉が今の僕らにとって何なのかということを扱いたいのだと思う。そういう当たり前に使ってる言葉が自分たちの生活の中のどのへんに食込んでいるのか。そしてどう関わってきてるのか。
だから彼らは、自分らの作品自体は絶え間ない人間活動の中の一つの断面にすぎないんだ。でもちょっと変わった切り方をしてみた。とりあえず、その断面から周辺を見てくれ。いつもとちょっと見方が変わるんでない?というスタンスなのではないかなと勝手に思った。この本ではそれが明確になってる気がする。

こういう問題意識の人間が増えて、もっと声を張り上げていけば世の中楽しいのになーって、僕はそう思います。


ちなみに…
みんなこの出来事に関しては一貫してアートアート言ってて、なんか、最初、これってアートなのかなー、てかアートって何なのだろうとか、思ったりしたけども、逆に言えばこういうことってアートとしてしか発信できないんだなー、って思いました。アートって懐の広い言葉ね。

それとこの人達、いつもはもっとアホなことを本気でやるので有名です。まあ、「ピカッ」もよく考えたらそうとうアホらしい作品かも。あんまし趣味じゃないけど、好きです、この人達のやること。


author:松本剛志
by matsumo5402 | 2009-04-30 17:59 | 晴れ
自己啓発
最近ずっと頭から離れない言葉があります。
谷尻誠さんが何かの時に言ってた言葉で、
「建築家は、どんな時でもファインプレーを見せなければいけない」

最初聞いたとき、安っぽい自己啓発的発言だろって、少しバカにしてたんだけど、
よくよく反芻したらこれは結構重い言葉だぞ、って思ってきたんです。
相当な覚悟でないと言えないですよ。
これ主張したら最後、
自分に全て降り掛かる。
人に失敗するなと言ってるわけだから、当然自分の失敗は許されなくなる。
でもたぶん、それによって自身の精神の緊張を高めているわけですよね。
言葉による暗示で精神を高揚させる。
刃衛の憑鬼の術のようなもんですね。

最近流行の自己啓発本ってあるじゃないですか。
人の生き方押し付けられてるようで吐き気がするくらい嫌いなんだけど、
案外、自己啓発本って作者自身が自分を奮い立たせるために書いてたりするのでは、なんて思った。
僕も一冊書いてみるってのもアリかなー。なんて思ったり。


精神論的な話はあんまり得意でも好きでもないんだけど、でもやっぱ、何をやるにも覚悟と責任は持つべきだなーと。そういう意味で、谷尻さんの言葉には共感とまではいかないけど、何か考えさせられるものがあります。僕には覚悟が圧倒的に足りない。
by matsumo5402 | 2009-04-30 04:42 | 晴れ
アーキニアリング・デザイン展
c0160617_22552178.jpg

僕はあんまり関われなかったんだけど、友人や後輩や先輩らがこの1ヶ月くらい頑張って仕込んでいたアーキニアリング展を見てきた。全国巡回展の第一弾らしい。巡回展の詳細はここに
広報活動があんまり賑やかでないことと場所が少々分かりにくいこととが相俟って、来場者も疎らなようですが、とても充実した楽しい展示会でした!建築を勉強し始めたばかりの人からプロの方まで、それぞれに楽しめる内容となってるのではないかと思います。もちろん建築を勉強したことはないけれど、少し興味があるぞというような方にもピッタリなイベントです。というか実は、むしろそういう、建築の専門知識に詳しくないような方に広く見てもらえたらよいイベントだと思いました。
いわゆる姉歯問題以降、ますます前例主義に陥ることが懸念される建築業界。特に構造の領域。それによって画一的な構造の想像力しか持てないような社会になったとしたら…、いかにもったいないか。そういうことに気付かされる展示でした。
また、“空間”の構成やイメージに関する話題がどうしても議論の中心になってしまう現代の建築界において、“構造”という建築の他の側面での価値を圧倒的な物量で提示しているということにとても感動しました。僕は物事を考える時に必ず一つ一つの事象を相対化することが大切だと思っていて、つまり、それはその立場では大切だけど、ではこっちの立場では?ということをできるだけ考えたいのです。そうでないといつか息苦しくなるような気がしてるのです。このアウトローだけどパワーのあるイベントはそういう意味でなんか見ていて爽快です。
まあ、ただ、もっと上の世代の人からしたらまた違う印象を持つのだろうと思います。それぞれにそれぞれの見方で楽しめば良いと思います。


それから、展示会に絡めていくつか講演会も組まれているそうです。詳しくはこの記事に書かれています。結構な大物も何人も来るようですね。楽しみです。
場所は九大の西新プラザで、ちょっとわかりにくいですが、ここに地図が載っているのでこれ見て行ってみて下さい◎
ちなみにブックレットも結構充実してます。建築旅行のお供なんかにちょうど良いのでは。500円と値段も手頃でした◎

ま、微力ながら宣伝をしてみました◎


author:松本剛志
by matsumo5402 | 2009-04-29 22:52 | 晴れ
諫早湾干拓
c0160617_10341021.jpg
昨日まで実家のある諫早の森山町ってとこに帰ってた。
上の写真は諫早湾干拓の潮受堤防です。堤防の上に車道が通っていて、多良岳側の高来町と島原半島側の吾妻町を結んでいます。つまり、福岡とかから207号通ってきて島原に行きたい時にわざわざ諫早市街とか森山とかを迂回する必要がなくなったというわけ(下図参照)。んで、この写真は島原半島の方を向いていて、天気がよければ雲仙普賢岳も正面に見えたと思います。堤防を境に左側が外海(有明海)で右側が内海(調整池)というようになっています(下図参照)。堤防沿いにはもはや干潟はありません。
c0160617_1141967.jpg
fig.1
海の中にぴゅーって伸びてるのが潮受堤防
c0160617_1171245.jpg
fig.2 九州農政局
あのひょろっと細長い堤防が相当な範囲の環境を変えてしまったのがわかる。
c0160617_1115188.jpg
fig.2でいう北部排水門
c0160617_11172815.jpg
中央干拓地の前面堤防。右側が調整池で左側は干拓耕作地。いろんな作物が育っていました。
c0160617_11195123.jpg
c0160617_11184595.jpg
前面堤防から中央干拓地を見る
c0160617_11213760.jpg
前面堤防から調整池を見る。前面堤防沿いには葦が群生。地平線には潮受堤防が見える(はず)。
c0160617_11265129.jpg
c0160617_1127639.jpg
c0160617_11272289.jpg
葦原。公園的にちょっと岳整備されてたりする。特に楽しくはないが、楽しいとは別の、なんか圧倒される感覚に浸れる。

出来上がって、目の当たりにして、初めて干拓事業のもたらすものをちゃんと考えた。それでは遅いわけだと気付いた。干拓事業が悪だとは一概には言いたくないけども、かといって善だとも言えないわけで、良いも悪いも含めていろいろ考えさせられる風景でした。


author:松本剛志
by matsumo5402 | 2009-04-22 11:37 | 晴れ
サライ
髪を切った。

僕の美容師さんは僕が行くと必ずサライを出してくれる。
MEN'S NON-NOなどは出ない。
今日は源平合戦特集の号を読んだ。

あと、mちゃにマボロシがゲストの回のチャートバスターズの公開収録に連れて行ってもらった。
Dさんが書けッて言ってたから書くけど、

よかったです◎アコギバージョン◎
握手もできてよかったです◎

つーか、Dさんおもろいね。あーいうオヤジになりたいと思う男は多いやろうな。
リリーフランキー然り。

あと、ビルボード、いいとこね。
また行きたい。
by matsumo5402 | 2009-04-19 01:07 | 晴れ
ゼミ終わって帰ったらいつのまにか死んだみたいに眠ってて、変な夢を見てしまって、そしたらこの時間に目が覚めてしまって、迷惑な話です。
さっき見た夢の映像がやたら頭にこびりついてて、ほんと変な夢だったなあと思う。よく、人の見た夢の内容を聞くこと程退屈で意味のないことはないと言うけど、それをあえて、記録しておきたいなと思います。

ある昼下がりだったけど、普段のように大橋駅の方からウチに向かって歩いてたのね。前の夢の続きで見知らぬ女の人に就活の心得を諭されたもんだからちょっと落ち込んで下向いて歩いてて、そんでふと顔をあげたらウチの近所の、民家が建ってたとこが更地になってて、またマンションでも建つかなと思ってたら、その隣の家があったとこも更地になってる。え?ってなってよくよく見たら更地がずっと続いてて、そしたら衝撃の風景を発見して、近所にあるいくつかのマンションが構造体だけ剥き出しに残して廃墟になってる。原爆ドームみたいな感じで。なんだこれは!と驚いて、こんなニュースyahoo!にも出とらんかったばい、って思いながら、とりあえず自分のマンションに向かったら、なぜか下の階の方だけえぐられてて、僕の部屋のある5階部分だけはギリ外壁とかスラブが残ってて、とりあえず部屋に入ってみらないかん、って思って、入ろうってしたんです。そしたら車がブーンてやってきて、待ちなさい、って言われて、なんかもう混乱してたからとりあえず逃げてたけど速攻で捕まってしまって。そしたら車の人は案外いい人で、この状況っていうのを説明してくれました。
まず、ここは2100年代の世界だと言いました。そしてこの状況は何かと言うと、2010年代に新型爆弾の爆撃にあったそうなのです。なぜここが爆心地になったのかの説明もあったけど忘れました。この2100年代の世界では、その時の爆心地周辺の廃墟を祈念公園として保存しているのだということでした。
では僕は一体なぜそこにいるのかということ。その人が言うには、このとき被爆した(はずの)人の中には、被爆をする前のある段階で(←矛盾してるけど)何らかの仕組みでタイムトラベルをして未来に飛んでしまう人が結構いるらしいのです。僕もその一人だったようで、その人は、そういうタイムトラベルしてきた過去の人間を導くインストラクター的な役職を担っているらしいのでした。
僕はその人の案内で、かつて自分が生活していた部屋を見学し、炭の塊と化した、おそらく元マンガ本などの姿を眺めたりして、こんなもんなんだなーと思ったりしました。
そのインストラクターさんは、その爆撃に関しては、自分の祖父母よりも上の世代の出来事であり、生々しい実感としては何もない。あるのは今ここにある廃墟の風景だと言っていました。爆撃がなかった方がよかったか?という問いに関しては、なかったら今ここに自分は存在していないかもしれない、という回答であり、まあ要はこれは僕が原爆に対して抱いている考えであるな、と思いました。
そんなこんなで僕は目が覚めました。そのあと、未来に行った僕がどうなったのかはわかりませんでした。そのまま未来で暮らすのか、それともまたどこかへタイムトラベルするのか。元の時代に帰るのか。

っていう夢で、これは確実に、最近読んだこのマンガの影響に違いないんだけど、こんな夢は一体誰が脚本を書くのだろうか。それとも実際に行ってきたとか、未来に



author:松本剛志
by matsumo5402 | 2009-04-18 03:05 | 晴れ
N
c0160617_3483552.jpg
書くことがない
これはずっと前に大分に行った時に塩塚さんの車で通り過ぎた藤本さんのhouse-Nで、写メで1枚だけ撮らせてもらったけどアホみたいにブレてしまってたという写真でお蔵入りにしてたやつだけど、パソコンで見たら意外に陰影がきれいに写ってる気がした。人様のお宅だけどまあ、これだけわけが分からんかったら載せてもいいかなと思って載せてみた。
by matsumo5402 | 2009-04-17 04:13 | 雲り
定額給付金
ついに、福岡市の定額給付金の申請書類が届いた!!1万2千円!!あざーす!!

まあ、定額給付金に関しては、世間でも賛否両論、議論もたくさんあってたようですが、なんだろうね、テレビとかでやってるどの議論も水掛け論で、全然面白くないのね。別にエンターテイメントを目指して議論するわけではないんだけど、そもそも議論を収束させる気が誰にもない感じなのに違和感を感じてました。なんというか特に白熱するでもなく、たまに誰かが感情的に吠えて、しかもそれはシカトされて、みたいな感じ。結局みんなどっちでもよかったんだと思う。
なんてことはさておき、僕は受け取る国民それぞれが何かしらの自覚と意志を持って定額給付金で消費活動を行うのであれば、それなりの意義のある政策なのでは。と思っていて、そういう「消費活動とは何ぞや」という問いかけをもっとメディアとかを通じて行政がしっかりした方が、面白いイベントになったんじゃないかなー、と思っています。
そんで、僕の意思は何かというと、「僕の“応援したい誰か”にお金が回るようにすること」です。んで今回考えてたのは、応援したい人は身近にもたくさんいるわけですが、そういう人には違うやり方で手助けなり何なりできると思うから、定額給付金で応援するのは、「僕が一方的に見知ってるだけなんだけどその上で応援したい誰か」っちゅうことにしたいなーって思っています。というのは、そういう人って、僕が応援しているといっても向こうはこっちのこと知らないわけだから、僕はその人に対してとりあえず消費活動を通じて関わることしかできないのかなと。今の状況では。微々たるものではあるけどねー
具体的には、その“応援したい人”が関わってる本とかCDとかDVDを買うってことです。簡単に言えば。まあ、要はファン的消費活動です。1万2千円で買えるようなものを世に出してなかったり、そもそも消費活動にあんまり参加していないような人の中にも尊敬してて応援したい人ってたくさんいるんだけど、その人達にはまた別の形で応援をするとして、今回の給付金イベントでは1万2千円で応援をできる人に的を絞ろうと思っています。
だからやっぱり本を買うのに使うかなー。僕は。頑張って欲しい食べ物屋でごっそり使うっていうのも魅力的だけど、そういうのあんまり詳しくないし、今はあんまり感情移入できないし、頑張って欲しい地域に旅行ってのもアリだけど、1万2千円はオーバーするだろうし、まあ、あとCDとかは買うかもけど。あと服を買うってのも捨て難い…。でもやっぱとりあえず本かな◎
一つは決めてて、志賀理江子さんのCANARYを買う◎ずっと欲しかったし、ちょうど良い機会かなと◎あとは、建築とか社会学周辺の若手の研究者とかの本を買うとかかな。なんか面白そうなのがあったらだけど。こういう人達には個人的に頑張って欲しいと思っているんです。例えば最近面白そうなことやってるなーって思うのがこの人達とか。まあ、ちょっとキャッチーだし、じゃっかん僕自身がメディアに踊らされてる感は否めないけれど。あとはジュンク堂とか行って掘り出し物を探そうかと思います。本当に応援するんなら専門書店で買い物すべきかもけど、残念ながら福岡にはそんなお店ないしなー。おそらく

そんなわけで、定額給付金でワクワクしているという感じでした。
みんながどういう意思で定額給付金に関わろうとしているのかというのがもっとわかれば面白いなーと思っています。


author:松本剛志
by matsumo5402 | 2009-04-15 23:49 | 晴れ
nl
c0160617_2342695.jpg
オランダに行きたい欲が高まってきたす
c0160617_2355180.jpg
c0160617_236937.jpg
やっぱロッテルダムとかなんかかっこいいよねー
どうしてもなんかこういうダウンタウン的というかストリート系な文化ってちょっと憧れたりするんよね。田舎の生まれなので。
しかもオランダそういう文化も洗練されてるっていうかね。なんかクールな感じだよね。あとドライというかね。
c0160617_23201091.jpg
つって、一回しか行ったことないんだけどね。わかったこと言うなってね。さ、現実逃避終わりー
by matsumo5402 | 2009-04-14 23:25 | 雲り
浮き島
c0160617_2031743.jpg
昨日大好きなyahoo!ニュースで見つけた写真。中国の江蘇省興化市ってとこの菜の花畑らしいんだけど、なんか、オランダ?これ。いや、でもなんか微妙に感じが違う。ポルダーのちょっとスケールのかわいい版みたいな小さな浮き島の群れ。それがどこまでも続いてる。地平(?)線が見えてる。なんか最近よく見る石上純也さんのドローイングの中に似たようなのがあったような気もする。あれは具体的だけど極端で一見すると荒唐無稽なイメージを提示することで僕らの空間に対する思考の幅を広げようとする、ある種のユートピア的な提案だと僕は理解してるけど(本人に言わせたら本気で反論されるだろうけど)。でもこっちのはリアルな環境だね。こういうのを見るとやっぱりワクワクせざるを得ない。想像の範囲を超えたと思ったイメージが、すでに誰かの日常として存在していたという事実。
てかこの風景って結構有名だったりするんかいな。僕は初めて見たよ。
てなわけでググってみたけど、とりあえず、航空写真で更にビビった。
c0160617_22295492.jpg
一見、平野ですね。更にアップ。
c0160617_22304130.jpg
おー。浮き島群の一部が街になってる。更に拡大。
c0160617_22354079.jpg
街のある島の周縁には小さな船がいっぱい並んでる。なるほどこれで畑の島にったり他の街に行ったりするんだろうな。
なんかFFとかドラゴンクエストとかで出てきそうな地図だな。こんな環境が実際にあるとは。これが相当な面積で展開されているようです。
c0160617_22435956.jpg
すごいなー
全然知らなかった。
c0160617_2246965.jpg
c0160617_22462811.jpg
なんか集落が畑を分解していってるみたいな感じね。ジジジッて感じ。ウイルスとかモザイクとかのイメージ。こういうのはそそられます。
c0160617_22465394.jpg
これとか最初の菜の花の小島に近いスケールかな
c0160617_2247931.jpg
c0160617_22475554.jpg
c0160617_22481465.jpg
どういう歴史でどういう文化なのかみたいなのはまだちょっと詳しく調べれてないんだけど、ここによると農業が盛んらしくて、こことかこことかによると、相当先端的なことが行われている様子。こういうの見ると、やっぱりいわゆる極端にサイトスペシフィックなものってのがアヴァンギャルドに繋がるようなことっていうのは、やっぱりあるんだなーとか思ってしまう。では必ずしもそうではない日本に暮らす僕らは何を目指せばいいのだろう。と少し思ったりします。まあでも例えば、スイス的なものもオランダ的なものもどちらでも結構ありだろうというようなメンタリティが成立し得る環境という意味での日本の特性ってのは案外珍しかったりするのかもね。

てかgoogleマップって楽しいね


author:松本剛志
by matsumo5402 | 2009-04-13 23:14 | 雲り