松本剛志の考えること
by matsumo5402
5424
一昨日ですが、24歳の誕生日を無事迎えさせて頂きました。もう四半世紀近く生きてることになるわけですね。だけど僕はまだまだ何者でもないようです。ひどく洗練されない生き方をしている自分を可哀想に思ったりもします。自分の周りにいる人を気の毒に思ったりもします。でも一方で、自分を心底信頼していたりもします。自分に裏切られることも多々ありましたが、それでもまだまだ自分は信頼に足ると信じて、疑うことができません。

口だけにとどまらぬように


今年の誕生日は、いろいろあって、中目黒にある安宿で迎えました。いや正確には終電前でごったがえしの新宿のカフェになるか。一日中せわしない感じの誕生日になって、とても面白かったです。なんか今年の激動を予感させるようです。激動になれるでしょうか。

そして、昨日は3人目のフランス帰りの友人を差し置いて、ケーキまでいただきました。そしてその後大量のお酒のせいで道で吐きました。もったいないことしてごめんなさい。


手紙やメールや祝いの言葉やプレゼントなどいただきまして、ほんとうに心が温まる。いろんなことに対するモチベーションとは、根本的にはこういうことなんだと思います。どんなにドライであろうとしてもどんなに小難しくなろうとしても、根本的にはそういうことなんだと思います。
何かに追い立てられても、そこだけはいつでも立ち戻れるうちは、まだ大丈夫だと思います。


あー、俺の誕生日ということは、8月が終わったのやなーーー

c0160617_22171953.jpg
c0160617_2217548.jpg
去年::5423
by matsumo5402 | 2009-09-01 22:18 | 晴れ
<< 鏡花水月 それにしても >>