松本剛志の考えること
by matsumo5402
長崎
明日、長崎水辺の映像祭プレイベントに参加してくる。

友人に誘われてなんとなくおもしろそーやねー、みたいな感じやったけど、なんかホームページみよったらかなり楽しみくなってきたー!

講演会ももちろん楽しみけど、それよりもその周辺の活動のが面白そうやなー、って思って、楽しみー。その周辺の活動みたいのがこのブログからちょっぴり垣間見えてるけど、なんか街に出てのイベントとかをいろいろやってたりしてたりで、なんか爽やかに過激なことをやってのけてるというか、そういうのができちゃう背景にはどんなのがあるんだろう。

僕は全然このような活動のことを今まで知らなくて、僕の耳に入ってくるような長崎のイベントといったら、やっぱり原爆とか出島とかなんとか、そういうある意味で普遍的なあるいは特殊で抽象的で僕たちの手に負えないような“歴史性”の下に行われてるものが多かった気がする。

そういう意味での“地域における歴史性”はすごく大切だと思うんです。僕は。
ただ、そういった“歴史性”に対する僕たちの関わり方があまりにも唐突というか、付け焼き刃的ではないかと日々思っていました。
もっと、僕らとそういう“地域の歴史性”関係付けているものは何かを地道に探っていく、あるいは創っていく努力が必要だろうというわけです。
もっと、歴史とは神聖で絶対的なものだけではなく、そういう水準での歴史もありつつ、もっと身近で僕らに編集可能な歴史もあって、そういう身近な歴史と普遍的な歴史が連続していってるみたいな感じになる地域を目指せたらいいのではないかと思う。
生活と歴史が断絶するのではなくて、もっと生活と歴史が流動的なグラデーションで連続しているみたいな。
ちょっと抽象的な議論に向かってしまってるけど、例えばなんか「あの時あそこは、こげんやったとばい。」「んにゃ、あそこはそげんじゃなくて、あげん感じやったろうが。そげんなっとったとは、向こうのほうばい。」「そげんやったかねー?」みたいな会話ってたぶん日常的にあって、そういうのが生活を作ってるんだと思うんだけど、そういうあいまいな、でもイキイキしたコミュニケーションが歴史に絶対的な“歴史性”とかに抑圧されないようにしなくてはならない。
要は、僕は、歴史こそは、本質的には保守的ではなく、どちらかというと革新的であるべきじゃないかと思うわけです。

僕はそういうことを考えても一向に行動には移しませんが(笑)、今回のイベントのためにまさに奮闘しているteam.SSさんらは、彼ら自身は何を考えながら行動をしているのかはまだわかりませんが、僕の目から見ると自分らが暮らす場(環境)と自分らとの関係を見つけていこう創っていこうという意思を持っているように思える。
まあ、そういうのも明日明らかになるのかな?

ちなみに、最初らへんに、長崎にはろくなイベントがない、みたいなことを言ってしまったけど、そういえば何年か前に長崎さるく博っていうイベントがあってて、このイベントは観光客が地元住民と一緒に街をヒーコラ歩き、住民の思い出話や蘊蓄を聞くという、なんとも泥臭いイベントなんだけど、僕は上に書いたような理由ですごくいいイベントだなーと思った記憶がある。公共の発案にしては(というような言い方は失礼きわまりないけれども…)、とても前衛的でかっこいいです。


それからやっぱり、そういうのの思想的支柱としては、元長崎美術館館長の伊東順二さんの存在は大きいのでは。と勝手に予想しています。僕も彼の言うことには共感する部分も多くて、この宣言文にあるような問題意識には特に共感した。「with you」かよ、とは思ったけど(笑)。こういう人間がいろんな地域から誕生してそれぞれの地域に働きかけるようになっていけば…。地域の可能性はその辺にあるのではないかとさえ思う。


それでは面白かったらまた感想を書きます。


author:松本剛志
by matsumo5402 | 2009-06-30 23:56 |
<< 長崎2 インターフェイス その2 >>