松本剛志の考えること
by matsumo5402
インプット
c0160617_2137410.jpg
驚くほどアウトプットするものが見当たらない。いや、するべきものはあるのだけれども、する気にならないという感じです。こういう時はひたすらインプットするに限ると思って、耐えるのみです。

田口ランディさんの言葉
「私にとって“聴く”という行為は、相手の前に無条件に自らを投げ出すことだ。聴けば聴くほど私は小さくなる。自分が消え入るほど小さくなったとき、新しいサウンドが時空を越えて響いてくる。それこそが、発見であり、インスピレーションだと私は思っている。…中略…。表現という大きな妄想を支えるためにも、もっと小さな自分になるベクトルを持たないとバランスを失ってしまう。」
by matsumo5402 | 2009-05-13 22:25 | 晴れ
<< 090515土居ゼミ覚書 1995年以後レビュー_後日記 >>