松本剛志の考えること
by matsumo5402
ROUNDABOUT JOURNAL × DESIGNING ” TRANSMISSION ”_3日目vol.1
5月4日トークイベント最終日、福岡は雨。
打って変わって5月5日今日、一昨日昨日の灰色の空が嘘だったみたいなバカみたいな晴天。雲一つない。
やはりどんたくの日は雨というジンクスは手強いようである。

さて、ROUNDABOUT JOURNAL × DESIGNING ” TRANSMISSION ”3日目、最終日のレポートです。
この日行われたのは、「リノベートのはなし」と「若手建築家のアジェンダ [ 福岡 ]」の2つのイベント。
それでは早速。


■リノベートのはなし
c0160617_16411378.jpg
福岡周辺で、リノベートに関わる仕事を行っている(あるいは行ったことのある)建築家(デザイナー)からプロデューサーとしての不動産業界の方までを幅広く一堂に会し、「何故残すのか、何を残すのか」をテーマに議論が行われた。

参加者は井手 健一郎・斉藤 昌平・貞国 秀幸・野田 恒雄・春口 治彦・松山 真介と、モデレーターとして藤村 龍至。(敬称略)
始めに全ての参加者より、それぞれどういうスタンスでリノベートに関わるかということに関するプレゼンテーションが行われた。
それを踏まえてモデレーターの藤村さんが参加者のスタンスを(あえて)カテゴライズし、それぞれのスタンスにおける問題点などを話題に議論が深められた。

面白かったのは、カテゴライズの後に、そのカテゴリ同士の関係性に基づいて実際に参加者の席順も入れ替えたことである。メタフィジカルな言語空間での分節・統合をフィジカルな実空間での空間配列に対応させることで、再びメタフィジカルな空間での体験を濃密なものにするというような、建築的な操作の醍醐味を、こんなにあっけらかんとした雰囲気の中で体験できたことにはすごく感動した。これは藤村さんの分節が非常にクリティカルであった故に体験できた現象であることは間違いないだろう。慣れない人がなんとなく分節・統合を行っても、体験は濃密になるどころか雲散霧消してしまうということは何度も目にしてきた。

…というようなフジムラ評価はこの辺にして、このレポートでは席替え後の席順に基づき参加者のプレゼンテーションを概観するということを、まず行うこととする。読むのがしんどい人は最後の総括に飛んで下さい。


:::井手 健一郎:::
井手さんは「建築家の職能には翻訳者」的な側面がある。氏は「翻訳家としての建築家」を目指したいと主張する。
というのは、「1つの建築を取り巻く“声”は非常に多彩であり、それらをばっさり切り捨てて、デザイナーの趣味嗜好が主導するような建築や空間の作り方が、そこに関わる人間を幸せにする建築や空間を作れるだろうか、いや否であろう。」というような問題意識を打ち出し、「それならば、建築家がそれらの大量の声を積極的に聞き取り(入力)、建築のエンジニアリングな部分にそれらの“声”を対応させていく(翻訳)ことで、使い手にとって非常に親密な建築や空間を作れる(出力)だろう」というようなロジックなのである。

こういうスタンスに基づき、氏がリノベートを考える時に重視していた(ように思われる)ことは、
新築の設計の場合に対して、
・場所(敷地)の性格、個性、発展可能性を読み解く。
に加えて、
・(今ある)建築の性格、個性、発展可能性を読み解く。
というスキームが追加されるという部分である。
ここでは、新築の場合は施主と敷地のコミュニケーションを翻訳することが中心であるが、リノベートの場合は今ある建物が周辺の環境と共に繰り広げているコミュニケーションを翻訳することも可能になったという思考も見出された。
新築の設計には見出しにくかった、周辺環境と自分が関わる建物とのコミュニケーションをリノベートの際にはしっかり見出せている。というのは深読みであろうか。
…この話はまた、「若手建築家のアジェンダ」のレポートに関連付けていきたい。


:::斉藤 昌平:::
斉藤さんはリノベートを行うことの価値を、「古美る(ふるびる)」というキーワードにおいて説明した。
古いものには記憶が発生する。これこそが美である。ということが「古美る」の概要だ。
これは空間の濃密さが、場の持つ意味やコンテクストに反映されるというような藤村さんの考えとも共通している価値観かもしれない。

面白かったのは、氏がリノベートの方法として
・保存して、残す
・使いながら、残す
・作り換えて、残す
という3つを挙げていた中での、3つめの「作り換えて、残す」に関連するのだが、
古くからのコミュニティを形成している農村地区において、地区の主要な施設を“建て替え”ることによって、地区全体をリノベートしよう。というように、リノベートの範囲を建物単体に留まらず更に大きなスケールまで拡大して考えようとしている氏のスタンスであった。


:::野田 恒雄:::
野田さんは、設計作業においては、ヒエラルキー的な垂直構造のコミュニケーションではなく、フラットな平面構造のコミュニケーションが重要だと主張する。
そのために、1つのプロジェクトにおいてプロデュースからモノの設計、更にはマネジメントまでトータルに関わっていくことで、フラットな設計空間の構築を目指していた。
野田さん自身からはリノベートにこだわる意義のようなものはとくに触れられてはいないが、おそらく何もない土地で何ができるかを考えるよりも、具体的な場所がすでに存在してそれを使いながら考えていく方が、様々な領域とフラットに設計していくスタンスにおいては有利であるということかもしれない。

氏のスタンスには僕自身大変共感するし、もっと大きな力を獲得していけば福岡のような地方都市であれば深層にまで介入していけるのではないかと思っている。


:::松山 真介:::
松山さんは、自分自身リノベートによる具体的な空間設計を行う傍ら、福岡市近辺に点在するいわゆる「掘り出し物物件」を紹介するという活動を行う。
経済的に比較的安価な物件を紹介し、そこにリノベート(主に内装の改修)を施すことで、空間的な豊かさをお財布にも優しく提供できると考えている。

非常に洗練された、可能性のある市場のシステムだなと思う。


:::貞国 秀幸:::
貞国さんは不動産業に携わる人間として、いかに街の活性化を達成できるかを考えていた。彼の問題意識は、従来の不動産のようなソロバン勘定での経済的成功は必ずしも街の活性化には寄与していない。竣工時の経済的成功は必ずしも持続するとは限らない。という部分にあった。
彼はその問題に対して、住民同士のコミュニティの形成の重要さを主張する。コミュニティを促すアーキテクチャを備えている物件は、スタートダッシュはないかもしれないが、一度軌道に乗れば持続的な経済システムが確立する。そのような物件がたくさんある街も自然と持続的な経済を獲得できるだろうという仮説であった。

そのために不動産や金融などの業界内において、生活することのイメージをコミュニケーションできる言語が必要となると考えているようである。
ちなみに彼がリノベートに多く関わる背景としては、不動産業界内における、コミュニティとかそういう経験的な価値の経済性に対する不信があるのではないか。
貞国さんはそのような不信を払拭するために実績を残したいと切に思っていた。


:::春口 治彦:::
春口さんは不動産屋として、いかに客に満足してもらえる物件を提供できるかを問題にしていた。
彼は、そのために主観的なイメージを提示することが最も大切だと主張する。経済性や機能性などは、イメージの価値を補強するものであった方が、客はガッカリしない。というようなロジックである。例えば、「すごいかわいい部屋のわりには、賃料も安いし設備もしっかりしてるじゃない」というような心理である。

提供者側が物件の価値をズラして提供することで、デッドな物件を再び市場経済の中に引き戻す試み。



:::まとめ:::
藤村さんのカテゴライズによると、参加者がデザインによって資本経済の中の上流から下流までのどのへんの領域にタッチしようとしているかという見方で、主に下流部分へのタッチの仕方を模索する井手さん斉藤さん、上流から下流までトータルにタッチしようとしている野田さん松山さん、上流部分からタッチしてきている貞国さん春口さんというグラデーションであった。


彼らの問題意識を概観してみると、モチベーションは違えど皆、「空間体験をいかに豊かにできるか」という議論に回収できるように思った。ちなみに「空間体験を豊かにする何か」に関しては前回の記事で“イマジネーション”という言語を対応させて議論している。今回も“イマジネーション”をキーにまとめたい。

ここで彼らの言説をグラデーションに沿って見ていくと、
まず下流部分では自分の提示する“イマジネーション”をどう他者と共有していけるかが問題となっているようである。これにたいして井手さんはプロセスの形式化を、斉藤さんは価値観の言語化を行うことによって、他者とのコミュニケートを可能にしようとしている。
一方、上流部分ではそもそも“イマジネーション”を価値として受け入れる体制ができていないところが問題であるようだ。不動産・金融業界においては経済的な価値がまず第一としてあり、“イマジネーション”が経済的効果を生みだすことが実証されない限りなかなか“イマジネーション”をコンセプトとして掲げることは容易ではない。貞国さんはコミュニティの形成という“イマジネーション”によって、春口さんはレトロ感という“イマジネーション”において、経済的な成功を実証しようとしている。
そういう中で、上流から下流までトータルに関わろうとする野田さんや松山さんは、「頑張って上流と下流をブリッヂしよう」という意識よりは、「むしろ上流から下流まで全部関わった方が、やりやすいじゃん」というような意識でトータルな関わり方を選択しているように感じられた。

ちょっとリノベートの話題に議論を収束できそうになくなってきたのを、ちょっと無理に引き寄せてみるが、
おそらくリノベートというプロジェクト形態は新築などとは少し状況が異なり、上流と下流を結ぶ道筋が結構明らかなものとして観察できる。そういう意味で、これまでの上流の人間と下流の人間が歩み寄っていくことで共通の言語を獲得しやすい状況であるように思える。

前回のブログでは論理性と“イマジネーション”の関係を考えることができたが、今回は経済性と“イマジネーション”との関係を考えることができた。
今回のレクチャーを聞く中で、“イマジネーション”の価値と経済性の価値を結んでいく試みが見られたことは、それぞれの業界の中での一部の人間のアクションであったとしても、可能性が生まれている実感はしっかり受けることができたということが嬉しく、一番の収穫であった。


続きはまた。


関連:
1995年以後レビュー_1
1995年以後レビュー_2_自分編
ROUNDABOUT JOURNAL × DESIGNING ” TRANSMISSION ”_1日目
ROUNDABOUT JOURNAL × DESIGNING ” TRANSMISSION ”_2日目vol.1
ROUNDABOUT JOURNAL × DESIGNING ” TRANSMISSION ”_2日目vol.2



author:松本剛志
by matsumo5402 | 2009-05-05 16:36 | 晴れ
<< ROUNDABOUT JOUR... ROUNDABOUT JOUR... >>