松本剛志の考えること
by matsumo5402
自己啓発
最近ずっと頭から離れない言葉があります。
谷尻誠さんが何かの時に言ってた言葉で、
「建築家は、どんな時でもファインプレーを見せなければいけない」

最初聞いたとき、安っぽい自己啓発的発言だろって、少しバカにしてたんだけど、
よくよく反芻したらこれは結構重い言葉だぞ、って思ってきたんです。
相当な覚悟でないと言えないですよ。
これ主張したら最後、
自分に全て降り掛かる。
人に失敗するなと言ってるわけだから、当然自分の失敗は許されなくなる。
でもたぶん、それによって自身の精神の緊張を高めているわけですよね。
言葉による暗示で精神を高揚させる。
刃衛の憑鬼の術のようなもんですね。

最近流行の自己啓発本ってあるじゃないですか。
人の生き方押し付けられてるようで吐き気がするくらい嫌いなんだけど、
案外、自己啓発本って作者自身が自分を奮い立たせるために書いてたりするのでは、なんて思った。
僕も一冊書いてみるってのもアリかなー。なんて思ったり。


精神論的な話はあんまり得意でも好きでもないんだけど、でもやっぱ、何をやるにも覚悟と責任は持つべきだなーと。そういう意味で、谷尻さんの言葉には共感とまではいかないけど、何か考えさせられるものがあります。僕には覚悟が圧倒的に足りない。
by matsumo5402 | 2009-04-30 04:42 | 晴れ
<< なぜ広島の空をピカッとさせては... アーキニアリング・デザイン展 >>