松本剛志の考えること
by matsumo5402
SANAA×熊本アートポリス
今日は熊本まで遠征して、熊本アートポリス建築展2008の一環で企画されてたSANAAの講演会を聞いてきました。
SANAAに関しては、雑誌やいろんな本の中では、その言説を文章として幾度となく読んではいたのですが、生の声で聞いたのは初めてでした。

人間としての印象は、
まず妹島さんはすごいパワフル。建築を作るということが好きでたまらないんだろうと、思いました。すごく爽やかで元気な気分にさせてくれました。
そして西沢さんは話がとても魅力的でした。作品のプレゼンにはそこまで魅力は感じなかったけど(笑)、フラットな議論になったときの彼の話はすごく丁寧で明解。そしてアドリブが効く。施主に安心感を与えてくれる口調だと思った。
プライベートとか事務所での人間性は知りませんが、今回の講演会でのキャラクターはこういう感じでした。


今回の講演会は「公共建築を考えるシンポジウム」というテーマで、市の職員などとのディスカッションを交えたものでした。

ちなみに、このディスカッションのスタイルはすごく面白いと言うか有意義だなと思いました。
建築家の講演会というと、普通なら議論の相手も建築関係者になりがちで、閉じた言語の中で自分らの理論を展開させていくものが多いと思いと思うんだけど(もちろん、それはそれでとても有意義な議論なんだけど)、今回のように市民の代表としての市の職員さんと建築家が、大勢の観客の前でフラット(実際の力関係はSANAAの方が格段に高い印象だったけど)に議論をするということになると、建築家は建築的な言語を一度、一般的な言語の方に呼び戻す必要があると思います。
もちろん公共建築を多く手がけてきたSANAAなんかの建築家であればそういう類いの議論の経験は設計の段階で多くこなしてきたと思います。
だからむしろ今回有意義だったのは僕のような建築の学生だったのではないでしょうか。というのは、一般的に言われることですが、建築学生は建築の周辺にどのような人間関係が存在しているのかということを具体的なイメージとして認識できていないと思います(これは経験の問題で、仕方のない部分もある)。だから、今回のように建築の周辺の一端を垣間見れたことと、彼らとのコミュニケーションの方法を見れたということはすごく有意義だったと思います。
こういうふうに市民と建築家がもっと歩み寄っていくという幸せな関係をこれからの時代では築いていきたいなと思いました。

講演の内容は普段から語っている内容とそれほど相違はなく、その集大成という感じでした。
一貫していたのは、都市や周辺との関係性への問題意識。彼らはその問題への解答として、建築が都市に対して「開く」ということを提案する。そしてその「開き方」を提案する。開き方の手法として共通して見られるのは「視線の抜け」である。視線の抜けは「隙間」であったり「透明なファサード」「壁のない空間」などによって実現している。
こうして見ていくと、彼らの建築的試行と思考はすでに日本の建築界の中で一般解となっているのではないかと思いました。

もう一つ僕が今回改めて思ったのは、彼らは(僕らも?)建築において、建築物そのもの(モノ)と、建築物の内部あるいは周囲で生じる人々のアクティビティであったりアクシデント(コト)をまさに一体のものとして考え、提案しているということです。そうなってくると、建築家は世の中の誰よりもまず良識的で道徳的な一般市民であるのだなと思いました。そういう意味では、SANAAは(僕らも?)、一昔前の頭でっかちの大建築家達に比べて、市民にとってはまさしく、理解可能で安心できる良きパートナーなのではないでしょうか。

そういえば、ミースなんかも結局、人々の建築の幸福な“使い方”を考えた結果、ユニバーサルスペースに至ったわけですよね。モダニズムっていうのは、その後のポストモダン時代に比べて、変な思想などを介さずに、純粋に建築と人との関係を考えることができていたから基本的に爽やかだと思うんです。SANAAの建築が爽やかなのは、ミース的なあるいはモダニズム的なメンタリティがどこかにあるからかもしれませんね。



来週はピーター・クックが熊本に来ます。英語が理解できるか不安だけど、アーキグラムの本を持って絶対行こうと思っています◎
by matsumo5402 | 2008-11-30 00:29 | 雲り
<< 月初めの言葉_12月 tokyo_081116_1 >>